冬季うつ真っ只中の時にフォークリフト免許を取りに行った

どうも!冬が弱いほのおタイプの中山@RelCat0204です。

流れでフォークリフト免許を取りに行くことになった体験談をご紹介します。

地域おこし協力隊として農業生産法人で活動中していた頃のことです。

冬場は穀物の収穫も終わり、雪が降るなどしたり雑草もそんなに伸びないため少し作業的に楽なシーズンです。

そんな私はビニールハウスで細々とベビーリーフを育てたり、ハトムギの加工をしたりしていました。

ある日、職場の先輩に「中山さん、フォークリフト講習の申し込みしといたから行ってきたらいいよ。」と声をかけられました。

職場では穀物の載ったパレットを移動することもあるため、みんながフォークリフトを運転できた方がいいのでしょう。当時私は初めての北陸の冬の洗礼を受けており、日照率の低さと初体験の寒さにげんなりしていました。

雪と猫の足跡
スノーショベルの使い方がわからずワタワタした思い出

結論としては試験には受かりましたが、私はフォークリフトの運転には向いていないと実感しました。

スポンサードリンク

普通免許を持っていれば四日間、計31時間の講習で取得可能

学科が1日、実技が3日の講習

私が講習を受けに行ったのは2018年の2月初旬でしたが、当時記録的な大雪に見舞われていました。

石川県金沢市のキャタピラー教習所での講習だったのですが、初日から「講習の実施が微妙なレベルの雪」

中山
もう中止でいいよ!!
4日共、教習所までの道中は同僚が運転してくれました。圧倒的感謝しかない。

講習って実際どんな感じ?

学科講習は、真面目に聞いていれば合格できる

先生が、特にテストに出る所(実際行った所からほとんど出題されます。)を度々強調して言ってくれます。フォークリフトの種類や、積荷の上限、車体に対しての死角などの安全についてなどちゃんと聴いておかないと後々怖い大切な内容なので良く聴いておきましょう…

とは言え、久々のデスクワークと日頃の疲れから午後以降私の意識は急降下…うつらうつらしながらもナントカ学科試験は合格しました。同僚はなんと満点!すごいぞ!!

実技講習がものすごく大変だった

中山
私は、バック運転が出来なかったんです!!!
2日目以降、雪が降りしきる中講習が始まりました。(中止にならない!!!)
あまりに雪が降るのでテントと強力なガスストーブが設置されました。寒い!!!
実技講習は3日間あり、最終日の夕方に実技試験が行われます。
試験の内容としては、一定の幅のコース(コーナーが何箇所かあった)を通り、所定の場所まで行き、パレットに載った荷物をフォークで持ち上げて置き直すという荷役操作を行うものです。
私は、3日目までバック運転が出来ませんでした。片手ハンドルがそもそも不慣れで手の動きと進行方向が一致せず苦労しました。なので、家でエアフォークリフト運転(右手をハンドルをクルクル動かすようにしながら後ろに歩いていた笑)をしていました。
あと、寒さと連日の講習の疲れで「そもそも実技試験の手順がよく分かっておらず、次にやる動作が思い出せない」という始末。
私があまりにも受講生の中で飛び抜けてポンコツだったため先生が一台のフォークリフトを私専用に貸してくれました。
他の受講生がコース内で練習する中、私は横のだだっ広い所でひたすらフォーク部分を動かしてみたり、無意味にクルクル回ってみたりと自分の操作とフォークリフトの動きを一致させることに集中しました。
この練習が出来たのは、先生のご厚意はもちろんなのですが他の受講生が優秀だったお陰でもあります。
試験が終わった帰り道で同僚から聞いたのですが、先生は私の合格は無理だと言っていたそうです。
私は本番に強いタイプだったこと、前日に回転寿司で前祝いをしたこと(笑)が功を奏し、練習した中で一番いい出来で試験に合格することができました。
先生が、「奇跡が起きた」「今までの練習は、上手くなるための過程だったんだね」と褒めてくれたのが本当に嬉しかったです。
中山
あの時熱心に教えてくれた先生!練習に協力してくれた生徒さん!本当にありがとうございました!!

フォークリフト試験に合格するためのコツ

  • 事前にフォークリフト操作の動画を見て、基本操作のイメージトレーニングをしておく
  • 教えられた操作を素直に実践する。(経験者ほど自己流になってしまい減点行為をしてしまうことが多い)
  • 最初はなるべく失敗して「ミス慣れ」しておく。(開き直りの境地)

皆さんが試験に合格して安全に作業できますように!
ちなみに私は試験に合格してから一度もフォークリフトには乗っていません。

スポンサードリンク