森林遺伝学研究室で、研究助手をしていた時の話

現在、絶賛転職活動中の中山@RelCat0204です。

引っ越しても農業がやりたいのになかなか通勤圏内の求人が見つかりません。

転職活動をする中で、職歴の洗い出しをするのですがふと大学の研究室での仕事が楽しかったのを思い出しました。私は大卒ではないし、専門的な知識は皆無でしたが派遣社員として10ヶ月ほど研究のお手伝いをしていたんです。

ちなみに、WDBという理系専門の人材派遣会社からの紹介です。

大学の研究補助の求人はちょいちょい見かけるため、私の思い出話しを一つ。参考になればいいかなと思います。

スポンサードリンク

仕事内容は?

私の当時の職場は国立大学の森林遺伝学の研究室です。

仕事の内容としては木の葉のDNA(既に精製されている)を、PCRという機械を使って増やし、それをアガロースゲルという寒天みたいなものに流して電気泳動を行い、DNAがちゃんと増えているかを確認したり、

DNAシーケンサーにかけてDNAの塩基配列(GとかAとか)を見たりしていました。

PCRの基本原理(M-hub)

日々の具体的な指示や、わからない事へのヘルプは別にポスドクの職員がそばにいてくれるため安心です。

前職が水や土の分析なだけに、畑違いすぎて大丈夫かと当初はできるか心配でしたが、研究室の先生が大変親切にマンツーマンの講義を4日間行ってくれたため(個人的には生物Bの参考書を買うなりして勉強しました。)、安心して仕事に取り組むことができました。

なぜ採用がスムーズだったかといえば、ピペットや実験器具の使用に慣れていたからだと思います。

以前どのような仕事をしていたかは下記の記事からどうぞ。

関連記事

温暖化、異常気象などで地球環境の悪化が自分ごととして感じられるようになってきました。 海水浴シーズンの前に、海水の検査をして「遊泳に問題ありません」みたいなニュースを見たことはありませんか? 実は私は、その海水を検査する仕事をし[…]

実験器具の写真

キャンパス内での仕事は快適

学生さんたちはとても優しい

私は勤務時間の間、研究室のデスクと、実験室を行き来していました。仕事自体は実験室で行うのですが、シーケンサーが読み取った塩基配列の確認はPCで行うのと、休憩や飲食をする際は基本デスクだからです。

研究室には、5人程生徒さんがおり、半数はインドネシアや中国からの留学生でした。私はほとんど英語ができませんが、幸い女性の日本人の学生さんがいたため安心しました。それに、留学生のみんなも日本語が上手です。夕方には一緒に温泉や回転寿司に行ったりしました。

実験手順や機器の使い方がわからなくて尋ねる時は私の英語力では限界があったため、よくメモに絵を描いてコミュニケーションを取っていました笑

また、他の研究室の先生や生徒さんの行き来も盛んでした。コミュ障の気がある私(当時26歳)は学生さんたちの雰囲気に馴染めるか心配でしたが、その心配を吹き飛ばすかのような親切さ。(ウェイ度は低め

休憩時間にはインドネシアの手料理を分けてもらったり、先生が淹れてくれたコーヒーで一服していました。

ランチは構内の食堂か大学の目の前の定食屋さん(今はなき鶴亀食堂)で食べていました。構内には大学生協と行って書店とコンビニがセットになったようなお店があり専門書も少し取り揃えており、たまに覗きに行くのが楽しかったです。

大学内の飲み会や行事にも混ぜてもらうこともありました。学生さんよりも少し年上のせいか気を使わせてしまうこともあったかと思いますが、彼らの研究に対する真剣さや自然に出てくる人への思いやりには感心させられることがとても多かったです。

仕事は、手順通り丁寧に行えば問題ない

大体の場合、手順書(SOPとも呼ばれる) とともに最初に丁寧に教えてもらえると思うので心配ありません。

疑問な用語や手順があれば早めに確認しましょう。サンプルによっては海外に行って採取してきたものがあったり、研究分野によっては生体試料だったりするため万が一ダメにしてしまうと取り返しがつきません。

細かい作業が好きな人であれば大丈夫です。

オススメポイント

派遣として大学の研究室内で働いてみた上でのメリットは、下記の3つです。

  • 基本的に普段関わる人間が少人数なので気が楽(静かな環境)
  • 仕事量に無理がないのでプレッシャーがない
  • 植物の遺伝子実験は基本的に使う薬品が少ないのであまり危なくない

分析会社勤務時代は社員やアルバイトが体感的に多く、一つの機器を使うにも譲り合ったり会議が多かったりと人間関係で疲労していました。その上夏と冬は官公庁の仕事が集中するため納期との戦いになります。
研究室では先生が仕事量を調整してくれるため、仕事で消耗することはありませんでした。(残業もありません。派遣ならではの楽さとも言えますね。)

実験初心者でも、派遣会社が独自に事前研修を行っているのでそこで知識や技術を身につければ十分活躍することができます。興味が沸いたらチャレンジしてみるといいです。

ラボ仕事もいいもんだよっていうお話でした〜

 

スポンサードリンク