農作業の時何着てる?オススメのフリース

朝晩の空気がすっかり秋めいてきましたね。中山@RelCat0204です。

服を見に行くとすっかり秋のラインナップになってきました。お気に入りは今買っておかないと自分が欲しい時には無くなっているんですよね〜。本当に気に入った物は欲しい時が買い時ですよ。

今回は、秋口から春先にかけて大活躍するフリースについて、私のお気に入りをご紹介します。軽くて薄手で適度に保温性のあるフリースは普段着にも仕事着にもフル活用できる優れ物。

首元まで保温出来て伸縮性の良いものと、着心地がフワフワで気持ちいいものと二着をピックアップしました。

スポンサードリンク

HOUDINI(フーディニ)パワーフーディ

首元・手首を優しく覆う、動きやすさ抜群のフリース

フーディニのパワーフーディー
愛用して3年目になる私のお気に入りです。手首部分には親指が出せるサムホール仕様で、寒い日も手をカバーしながら指先は動きやすさをキープ。首元もフードが高めについているので首回りから外気が入り込むことがありません。

ジップ式のサイドポケットが二つついています。フリースって着膨れするイメージが私の中にはあったのですが、このフリースについてはそれは皆無です。そして、ほどよく伸縮性があるため体の動きを邪魔しません。表面がツルツルした素材なのも個人的に好きです。フリースって着古してくると起毛がケバケバになって見た目がみすぼらしくなっちゃうのですがこれならその心配もありませんね。上に着る上着とのスレ感も感じません。

カラーバリエーションが豊富!絶妙なカラーラインナップ

私の中にあった思い込みに、女性のアウトドアウェアってショッキングピンクとかパープルとか癖の強い、着回しの効かない色が多いという先入観がありました。フーディニはカラーラインナップが毎年若干変化しており、少しくすんだ緑とか、上の写真のマスタードイエローなどカラフルなんだけど合わせやすい色合わせが着る人を飽きさせません。

Patagonia R2ジャケット

うっとりするフカフカ感、リラックス要素大の冬の必需品

パタゴニアのR2ジャケット写真は、4年目になる私のR2ジャケット。年によって生地の風合いやデザインが変わるのですが、私は当時のものが気に入っています。昨年発売した2018年のものは生地が肉厚でコシのある手触りです。

とにかく肌触りがよく、うっとりするフカフカ感です。部屋でもよく羽織っています。
この赤が絶妙な彩度なおかげで赤なのに色んな服と合わせやすいです。汚れも目立ちにくいし。

先ほどのパワーフーディよりも軽い着心地。ほどよく通風性があります。左胸と左右横にポケットがあります。私は赤と茶色の二着を持っているのですが、顔映りの良い赤の方が出番が多いです。この間のブログでご紹介した山と道の5ポケットパンツの緑色と合わせて「トマトカラーコーディネート」するのがマイブームです。(暑い日はできないコーデですね)

ひよこのことしか考えてない

まだ8月なのに、朝晩の寒さでコタツの電源 […]…

茶色はね、ベーシックでいい色なんですけどね、肩幅のある私が着るとコーディネイトによっては

なんかゴリラっぽくなるんですよね…(悲)

色と毛並みが完全にそれなんですよ。これは個人的な感想です!

誰か茶色のフリースをカッコ良く着こなす方法を教えてくれ!

フリースと合わせて使いたいウインドシェル

フリースは風を通しやすい

フリースは暖かい空気を溜め込む能力は抜群なのですが、いかんせん防風性は今一つ。なので、部屋で着る分にはいいのですがある程度寒くなってくるとフリースでは寒さを凌なくなってくることも。
また、農作業でフリースを着るとすぐに汚れます。冬場は厚手のものが乾きにくい。なるべく洗濯回数は減らしたいものです。
そんな時に活躍するのがウィンドシェルです。ウィンドブレーカーとも言いますね。これが、一枚あるととても重宝します。
春先の温度調整が難しい時、室内の冷房が効き過ぎていて寒く感じる時。そしてフリースでできた暖かい空気の層を保持するのに役立ちます。汚れたらもちろんすぐに洗って乾かせます。

ウインドシェルもとても可愛いものからシンプルな色のものまでたくさんあって楽しいので何枚かあってもいいですね。私はティートンブロスのウインドリバーフーディーを愛用しています。170センチ55キロでメンズのSサイズがちょうどいいです。

山旅旅

山旅旅は登山・山あそびがもっと楽しくなるウェブマガジン。山でのアクティビティとして登山〜トレイルランニングに興味のある方…

インナーは軽めに。着膨れ厳禁!

せっかく軽くて暖かい服を着ているのに、インナーがゴテゴテだと台無しです。個人的にはそこまで寒くない日は薄手のウールインナー、寒い日はユニクロのヒートテックを重ね着しています。

まとめ

今回は、秋口から真冬にかけて大活躍するフリースについてご紹介しました。寒さが厳しくなってきたらぜひウインドシェルやハードシェル(本格的に防寒できる上着)と併せて活用してください。体を冷やして風邪でも引いたら大変です!お気に入りの防寒具を見つけて暖かくして冬を乗り切りましょうね。

スポンサードリンク