婚活での初デートはお茶がいい3つの理由

どうも!中山@RelCat0204です。

婚活でマッチングしたお相手と初めてのデート!
どこに行こうかワクワク、してしまいますよね〜。

実は私は「あまり親しくない人との会食がとても苦手」なんです。

そう聞くと相手がショックを受けそうですよね。でも、私はその人との食事が嫌と言っているわけではないんです。
慣れない相手と「食べること」と「話すこと」(厳密に言うと、相手の話を聞くこと)が同時進行になる状況が苦手だと言いたいのです。


リンク先では、「デートにコミットするデーティングアプリ」Dineが調査した「男女のデートに関する意識調査」の結果が見られます。

ちなみに私の場合、最近少しずつ聞かれるようになった、「会食恐怖症」のような重度のものではありません。

(苦手意識を感じながらも、なんとか食事はすることができる)

そこで今回は、初めてのデートはお茶がいい理由について考えてみましょう。

スポンサードリンク

婚活ならではの理由から考える、「お茶デート」のメリット

会話に集中できる

焼き豚玉子飯
コーヒーの画像でも載せたかったのに私のスマホには保存した覚えがないので地元のB級グルメを貼ります

これに尽きます。知り合ったきっかけが婚活であるのならば、お相手にも聞きたいことがたくさんあるのではないでしょうか。もちろん自分のことも知ってほしい。となるとメシ食ってるどころじゃないでしょう。

楽しいごはんデートは相手を知ってからたくさん行けますから!

もし、お互いにとても打ち解けて「このお店に食べに行きたいね〜」という空気感なら、ごはんデートアリやと思います。でも、あとでゆっくりお話しできる時間が別に欲しいですね。

お茶なら、食べてる姿を気にすることなく話に集中できます(女性目線)。婚活も30代を過ぎてくると結構現実味のある話をする必要も出てきて、「同居はアリかナシか」とか「子供ができたら共働きか」とか、最初に知っておきたいこともあると思います。(いつ聞くかどうかは空気感をみながらだと思いますが)

お互い、幸せな結婚をするために婚活しているのだから時間は有限です。

最初のお話の時間が、一番重要です!

プライベートな話をするので、場所は仕切りのある半個室のカフェやゆったりしたホテルのラウンジカフェなどがリラックスできてお話しやすいと思います。

お茶デートはボリューム的に初デートとして最適な時間

初デートから1日かけて工程を組んでしまうと、よほど気が合う二人でない限り高確率で疲れます。

デート内容によっては地雷を踏んでしまいかねない。お茶なら2、3時間で大体十分お話できると思います。

ちょっと物足りないくらいにしておいて、次のデートを楽しみにしましょう。

カフェなら出費もお互いに気兼ねしないで済む

まだお付き合いする前で高価な食事代を負担するのも結構お互いにとって気を遣うものです。そこをサラッと支払えると素敵だとは思いますが、その人の良さは「食事代をどちらがどれだけ出すかどうか」くらいで測れません。

カフェなら割り勘でも、どちらかが奢るにしてもそこまで大した金額にはなりません。(めっちゃなんとかサンドとかケーキとか食べない限り)

まとめ

以上、私がお茶デートをオススメしたい3つの理由について述べました。

愛媛にいた頃よく通っていた婚活バーなるものがあって、(今は閉店してます)婚活アドバイザーのオーナーも

「最初はお茶がいいよ」と教えてくれました。

これからの二人にとって、大切なことだからゆっくり時間をとってお話してみましょう。素敵なご縁がありますように!

 

 

スポンサードリンク